なかなか眠りにつけない原因は枕が合ってないからかもしれません。
長年使っているとその枕に慣れてしまいますが、自分に合っていなければカラダに負担をかけていることに変わりはありません。

高すぎる枕、低すぎる枕、硬い枕、柔らかすぎる枕は、首を痛め、肩こりの原因になります。

スポンサーリンク



枕は重要

●朝起きたとき、
・頭が重い
・首が痛い
・肩がこっている
●寝付くまでに何度も寝返りを打つ
●起きた時に枕が変な位置にある

これらのいくつかに心当たりがあるなら、枕を変えた方がよいかもしれません。

枕は頭と首をリラックスさせる物ですので、枕が自分にあっていないと、頭、首に関するいろいろな痛みが生まれます。

人によっては、枕を変えるだけでぐっすり眠れるようになり、肩こりから解放されることがあります。睡眠の質が良くなれば1日を快適にスタートさせることができます。

枕に求められる基本機能は次の3点です。
(1)後頭部だけに自重をかけない
(2))寝返りを柔軟にフォローできる
(3)蒸れない

(1)後頭部だけに自重をかけない

大概の人の後ろ頭は少し出っ張っていますので、仰向けで寝ていて枕が固いと、後頭部の出っ張っているところだけに負荷がかかり、起きたときに後頭部を中心に鈍痛が残ります。

(2)寝返りを柔軟にフォローできる

枕が首をうまく支えていなかったり、必要以上に高かったり、低かったりで首に角度がついてしまうと、首の痛みからひどい肩こりを起こします。

横向きに寝る人は、首のあたりが高めの枕の方が安定します。そうした枕は、寝返りをうって仰向けになったときに、高すぎて首に負担がかかります。
逆に仰向けで寝る高さの枕で、横向きになったときは、今度は枕が低すぎることで首に負担がかかります。

寝ている間は必ず寝返りを打ちますので、仰向け、横向けに枕がうまくフィットしないと、首がうまく収まらず、起きたときに首の疲れが残ったままになります。

これに対応できるのは、低反発枕や上質の羽毛枕のようにある程度の反発力があるものか、真ん中が少し低く作られた枕です。

(3)蒸れない

寝ている間、頭を点で支えるのではなく、面で包み込むようになっていると、余分な負荷を感じることなく眠ることができます。

低反発枕や羽毛枕はそうした包み込むのに適していますが、一方で通気性が良くないと、包み込まれている分だけ、頭が蒸れて暑苦しくなります。夏場でエアコンが効いていないと髪の毛が汗だくになります。

頭の形、体型、首の筋肉など、人によってさまざまですので、一つの枕が万人に適合するなんてことはありません。いくらネットで評価が高くても、その枕が自分の不満を解消してくれるとは限りません。

また枕とマットレスの相性がよくないと、その枕本来の機能が働きません。自分自身の体の特徴、寝る姿勢を知って、実際に試してみて、自分に合う枕を選ぶ必要があります。

枕を選ぶ時のポイント
枕の選び方(素材編)
(戻る)寝るときに着るもので眠りに入りやすさが左右される

スポンサーリンク