スポンサーリンク



評価  ★★★☆
眠る  ★☆☆☆
概略 神経科学者が書いた睡眠研究のガイダンス
誰向 睡眠の生理学的メカニズムに興味のある人
良い  眠りのメカニズムについて、近年の研究成果が分かる。

「脳科学者」などの最近のいかがわしい人が書いた本ではない。根底にあるのが思いつきではなく、研究成果なので、論理的になっている。

「オレキシン」の発見にかかわった研究者として、研究成果するまでの経緯が興味深い。

最後の著者の仮説の章はページ数が少ないが、面白い。

覚醒、ノンレム睡眠、レム睡眠をコンピュータになぞらえ、それぞれオンライン状態、スリープモード、オフライン状態としているのは分かりやすい。その文脈から、レム睡眠を脳の最適化としているは理解しやすい。

興味 P32 睡眠中は記憶が保持されるだけでなく「強化される」。スポーツや楽器などその間練習しなかったのに、2,3日後に突然できるようになっていることがある。

P174 眠気を覚ます:手足を冷やす。コーヒーはアイスではなく、ホットで飲む。

P182 時差ぼけ解消日数:太陽の光でできる体内時計のリセットは1日2時間まで、そのため6時間の時差があると、時差ぼけを解消するのに3日かかることになる。

P212 マッコウクジラは溺れないように、垂直に近いかたちに身体を立て、鼻先を会場に出して眠るらしい。

残念 がっかりではないが、睡眠物質の働きなど、ちょっと専門的すぎて、思わず読み飛ばしたくなる。個人的にはもっとかいつまんだ説明でもかまわない。
著者 櫻井 武  1964年生(出版時46才)
略歴 金沢大学医薬保健研究域医学系教授
出版 2010年/ブルーバックス  900円/新書版/240頁
目次 1章 なぜ眠るのか

2章 最新技術で探る「睡眠の正体」

3章 睡眠と覚醒を切り替える脳の仕組み

4章  睡眠障害の研究から生まれた大発見

5章 オレキシンが明かした「覚醒」の意味

6章 ヒトはどこまで睡眠をあやつれるか

7章 睡眠に関する日常の疑問と、これからのテーマ

8章 なぜ眠るのか 私の仮説

本をクリックするとAmazonへ飛びます。

 

一覧へ戻る