スポンサーリンク



評価  ★★★★
眠る  ★☆☆☆
概略 従来からの睡眠学説への挑戦 
誰向 睡眠自体に知的好奇心をもっている人
これまでの睡眠とはまったく異なる学説の本
良い  睡眠を回復ではなく、無駄な時間を効率的に過ごすためのなごりと捉える。おそらく学会では異端扱いなのだろうが、それなりに説得力がある。

断眠実験とかショートスリーパーの実例とか非常に興味深い。
進化の中での睡眠の位置づけが分かりやすい。

興味 P50 赤ちゃんはお母さんがへばらないように眠る。

P105 レム睡眠を奪うとうつ病の改善効果がある。

残念 やはり睡眠に疲労回復効果を求めている人には、受け入れがたい面がある。
訳が語り口調なのがあまり好きになれない。
著者 レイ・メディス(訳:井上昌次郎) 1944年(出版時40才)イギリス
略歴 イギリス・ラフバラ大学人間学部講師
出版 1984年/どうぶつ社/自然誌選書   -円/B6/214頁
目次 1章 眠る楽しみ

2章 眠りの起源

3章 眠らなくてもいい人たち

4章  眠らないとどうなるか

5章 夢

6章 その進化

7章 眠られぬ夜の苦しみ

8章 現代の睡眠


 

一覧へ戻る