スポンサーリンク



評価 ★★★★
眠る ★★☆☆
概略 著者自身の不眠治療を軸に、不眠な人々の取材を織り交ぜたルポ。
誰向 不眠治療を考えている人。不眠治療を始めた人。
良い  治療が必要な不眠の実例がわかる。

睡眠にかかわる治療薬の効果と副作用がわかる。「お酒で寝るよりも睡眠薬の方が安全」とも単純に言えない。

著書自身の実体験が軸で身につまされる。

結構、心が沈むような内容も含まれているが、著書自身の明るさに救われている。

興味 P36 病院を探す:最寄りの保健所や都道府県にある「精神保健福祉センター」に問い合わせてみる手もある。

P78 抗不安剤=精神安定剤、睡眠薬=睡眠導入剤 どちらも同じ意味。

P102 不眠症の薬の分類:ベンゾジアゼピン系(今の主流、比較的安全)、非ベンゾジアゼピン系、バルビツール酸系(昔からある睡眠薬)、非バルビツール酸系

P111 薬はまず、副作用が出て、それから作用がでる。

P127 薬の影響1:電車や降りる駅を間違え、普段なら20分の距離なのに、1時間半かかった。

P147 薬の影響2:買ってきた洗剤を冷蔵庫の中にいれてしまう。

P205 アジアに行くとぐっすり眠れる。

P242 薬の影響3:ノートパソコンで作業しているうちに突然寝入ってしまい、ノートパソコンの角に額を打ち付け、あたりが血の海になったまま寝続けた。

P270 自律訓練法のコツ:自分でできるようにする必要はあるが、頑張ってやらない。暗示をかける側の自分を意識しすぎない。かけられる側の自分に意識をもっていく。

P272 自律訓練法のやり方:1.ベッドや布団側に掌をつけて横たわる 2.「気持ちが落ち着いている」と3回唱える 3.「右手が重たい」と唱え、重たくなる感覚をつかむ 次に、両手、両足、両手・両足とすすめていく。

P286 人は夜まとめて寝るのが一般的だが、それは動物界では特異なこと。分散して寝るのが他の動物の眠り。

P295 眠るときは潔く眠ろうとすること。どうせ眠れないからとベッドであれこれしないこと。

P305 眠りに理想を求めない。「こうあるべき」ではなく「こんなもんでいいや」と考える。何時間眠るかを計算しない。

残念 文献情報をちりばめたためか、若干テンポがもたつく箇所がある。
著者  矢崎葉子
略歴   ノンフィクション作家
出版 2002年/新潮OH文庫  657円/文庫/308頁
目次 序章 眠れないのはあなただけじゃない

第1章 「眠る」ということ、「眠れない」ということ

第2章 心療内科に行こう

第3章 睡眠薬と付き合う

第4章 民間療法に走る

第5章 不眠症とうつの関係

第6章 自律訓練、はじまる

終 章 おやすみなさい

本をクリックするとAmazonへとびます。
不眠な人々―眠れないあなたへの処方箋 (新潮OH!文庫)