スポンサーリンク



評価  ★★★★
眠る  ★★☆☆
概略 睡眠、不眠に関するALL in ONEブック。
誰向 睡眠、不眠について情報を必要としている人に
良い  カラー、毎ページ図解で、分かりやすい。

睡眠に関する情報が網羅されており、内容も濃い。

巻末にインデックスもあり、目的別の拾い読みもできる。

興味 P17 大脳を眠らせるためには、ノンレム睡眠の中枢として視床下部、レム睡眠の中枢として中脳・橋・延髄

P20 睡眠物質は砂時計の砂のようなもの。起きていると溜まっていき、眠ることで砂時計をひっくり返し減少していく。

P52 睡眠障害対処12の指針(厚生労働省)
1.人と比較しない。 
2.カフェインやタバコは控える。 
3.眠れないときは起きてみる。 
4.睡眠時間を短く濃くしてみる。 
5.いびきや無呼吸には注意する。 
6.寝酒は控える。 
7.睡眠薬は正しく飲む。 
8.規則的な起床を心がける。 
9.太陽の光を浴びる。 
10.規則正しい食事と運動習慣 
11.昼寝するなら午後3時前の20~30分。 
12.眠気がひどいときは専門医に相談。

残念 どちらかというと、読み物よりも、辞書的な本。

医師としての著者自身の経験にもとづく話が少ないせいか、ややおもしろみに欠ける。

なんとなく不眠を他人事としてとらえている感じがする。

著者  坪田聡  1963年生(出版時48才)
略歴 医師。All About(Web) の睡眠ガイド著者
出版 2011年/サイエンス・アイ新書 952円/新書版/241頁
目次 1章 睡眠のメカニズム

2章 不眠の原因とは?

3章 不眠症がおよぼす影響とは?

4章  薬を使わない不眠の治療法

5章 薬を使う不眠の治療法

本をクリックするとAmazonへ飛びます。
不眠症の科学 過労やストレスで寝つけない現代人が効率よく睡眠をとる方法とは? (サイエンス・アイ新書)

一覧へ戻る