スポンサーリンク



評価  ★★☆☆
眠る  ★☆☆☆
概略 心の健康を睡眠の観点から大学教授等8人が寄稿した本
誰向 幼児、子供の睡眠など世代別の睡眠の知識を得たい人に
良い 各章を大学の先生が寄稿したまじめな本。

シフト勤務対策の係留睡眠は参考になる。

幼児、子供の睡眠習慣についての記述は参考になる。

興味 P19 保育園での昼寝の習慣の影響が約2年もの間、持続する可能性がある。

P112 睡眠時無呼吸症:夜間7時間以上の睡眠において、10秒以上の呼吸停止が30回以上、しかも1時間あたりの無呼吸回数が5回以上存在する。健康な人でも一夜に10~20回くらいの無呼吸は起こりえる。数が少ないうちは、病気とは言わない。

P203 分割睡眠パターン:8時間睡眠を2分割してとる。
パターン1:午前1時から5時の4時間睡眠を固定し、残りの4時間はどこでとってもよい。
パターン2:朝8時から正午までの4時間睡眠を固定し、残りの4時間はどこでとってもよい。

P208 短時間睡眠への挑戦:15分の睡眠を6回、1日で計90分寝る(ダビンチ型睡眠)—失敗。
15分を30分にして、1日3時間眠るパターンだと、22~27日目で3時間睡眠の悪影響がなくなり、36~41日では暗算課題の成績が向上する。

残念 どちらかというと一般的な知識が多い。

まじめな記述だが、ちょっと退屈。

著者  堀忠雄(編)
略歴   記載なし
出版 2001年/昭和堂  1500円/B6/227頁
目次 1章 お昼寝がつくる幼児の夜更かし

2章 夜型社会が子供の世界まで広がった

3章 働きざかりの快適睡眠法

4章  高齢社会の快適睡眠

5章 イビキをかくので眠れない

6章 時差ぼけ症状を克服する

7章 交代勤務の生活管理

8章 危機管理と睡眠管理

眠りたいけど眠れない (シリーズこころの健康を考える)

一覧へ戻る