スポンサーリンク



評価 ★☆☆☆
眠る ★☆☆☆
概略  不眠を治すための軽めの本
誰向 軽い不眠の人
良い 不眠とスッキリ起きる、両方の記述がある。
残念 ちょっと大雑把な箇所や説明が割り切りすぎている箇所がある。

大体が一般論で、実例とは思えない。

「秘策」というほどのものではない。

著者 鴨下一郎 1949年(出版時62才)
略歴  心療内科医、日比谷国際クリニック院長
出版 大和書房 1300円/B6/214頁
目次 1章 疲れているのに眠れないのは、なぜ?

2章 眠れない夜をなくすための「睡眠の新常識」

3章 朝に強くなるとっておきの方法

4章 グッスリ眠るための20の秘策

5章 スッキリ起きるための20の秘策

「眠れない」が治る本

一覧へ戻る