スポンサーリンク



評価  ★★★☆
眠る  ★★☆☆
概略 枕博士による枕の重要性がわかる本
誰向 自分に合った枕を探している人。
良い 枕選びの具体的なポイントが分かる。

臨床の裏付けがあり、説明が明快で分かりやすい。

イラストや表で分かりやすくまとめられている。

興味 P29 こんな症状があったら枕をチェック
・寝心地が悪い
・首・肩が痛む
・斜頸がある(首の骨が横に曲がっている)
・腕や手に痛み、しびれがある
・頭痛が強い
・背中が痛む
・肩甲骨の周囲が痛む
・寝付きが悪い

P32 子供に枕は必要ない。枕が必要になるのは10歳くらいから。

P45 寝返りをうつのは、温まり過ぎた場所を冷やしたり、血液の循環を促すためといわれている。

P80 低すぎる枕、もしくは枕なしで寝ている場合、後頭部が心臓よりも下がるため、頭部に血がのぼってしまう。血液循環が悪くなるため、顔のむくみの原因になることがある。

P136 枕選びのポイント
1.理想の圧が保てる「高さ」であること
2.寝返りに対応できる「大きさ」があること
3.馴染んだ「素材(硬さ)」が一番

P149 首の健康を考えると、自分の好みよりも「やや硬め」を選ぶのがおすすめ。

P159 素材別枕の耐用年数(目安)
ウレタンフォーム:2~3年 ポリエステルわた:2~3年 フェザー(羽毛):2~3年 パイプ:4~5年 そば殻:1~2年

残念 枕が消耗品なのはわかったが、”目安”の倍くらいの耐用年数があるでは
著者 奥山 隆保 1936年生(出版時 78才)
略歴 日本理学診療医学会理事、さつきが丘医院院長
出版 2014年/幻冬舎ルネッサンス 1200円/B6版/204頁
目次 1章 睡眠不足の本当の理由

2章 合わない枕が引き起こす怖い病気

3章 朝までぐっすり眠るための枕選び

4章 快眠と健康を手に入れる方法

本をクリックするとAmazonへ飛びます。

 

一覧へ戻る