眠いけど眠れない

眠りたいのに眠れない。
なかなか寝つけない。
途中で目が覚めて、それから眠れない。
そんなときでも
今すぐ眠るためにできることがあります。

CONTENTS

すぐ眠るために

すぐに眠るためには、まず最初に、今眠りの妨げになっているものを取り除くことです。
カラダを締め付ける下着を取り除き、パジャマはユルユルのものにしましょう。靴下を脱ぎ、足の裏を涼しくしましょう。今あなたのココロを縛っているものがあるなら解放してあげましょう。

今、眠りにつくために雑念をはらう5つのやり方

今日あったことや、いろいろな雑念が頭をよぎり眠れない。夜中に眼が覚めて、まだ十分寝る時間があるのに、その後寝付けない。そんなときに、頭をよぎる雑念を消しさるにはやり方があります。

それでも眠れない

すぐに眠れないのが普通です。横になってすぐに眠れる人は、毎日の睡眠時間が足りてない人です。睡眠不足でなければ、眠るまでに15~30分かかるのは普通です。

入眠ルーティーン・すっと眠りにつくための習慣をつくる

眠ることは習慣です。毎日、普通に眠るためには、眠るまでの動作を一連の習慣(ルーティーン)として組立ましょう。ルーティーンが習慣になると、ルーティーンどおり進めていくことで、自然と眠りにつくことができるようになります。

昼間寝すぎて眠れない

明日は6時起きだけど、昼間寝すぎて眠れない。そんなときは確保できる睡眠時間決めて、それまでに眠りやすい環境をつくりましょう。眠くなるまでは、無理に寝ようとする必要はありません。

昼間の睡魔の乗り切り方

睡眠不足のまま朝になった。深い眠りの途中で起こされ、まだ眠い。まずは朝日を浴びてカラダに起きる時間だと知らせる。

眠ることを軸に一日を組み立てる

眠ることで1日が終わり、目覚めることで新しい1日が始まります。つまり睡眠が軸になって1日1日が繰り返されます。この睡眠の軸がしっかりしているかどうかで1日1日が変わってきます。しっかりした軸をつくにはやり方があります。

眠りの基本

眠りの基本、自律神経を知ろう。

朝起きて肩が凝っているなら、まず枕を変えてみる

なかなか眠りにつけない原因は枕が合ってないからかもしれません。長年使っているとその枕に慣れてしまいますが、自分に合っていなければカラダに負担をかけていることに変わりはありません。高すぎる枕、低すぎる枕、硬い枕は、首を痛め、肩こりの原因になります。

眠りやすい部屋(灯り)

眠りやすい環境をつくる 最適な眠りのため灯り、カーテンの選び方。

眠りやすい部屋(エアコン)

眠りやすい環境をつくる 眠るためのエアコン設定、部屋のダニ。

寝るときに着るもので眠りに入りやすさが左右される

何を着て寝るかは、眠りの質を決める上で案外大切です。カラダの芯温をゆっくりと下げていくことで、眠りに誘われていきます。トレーナーをパジャマ代わりにしたり、靴下を履いたまま寝ていると、カラダの芯温は下がりません。

眠りを楽しみに変えるには、トゥルースリーパーを手に入れる

あなたの不眠を解決してくれるかどうかは保証できませんが、少なくとも私の睡眠環境を変えてくれました。トゥルースリーパーの包まれるようやさしさが好きになり、横になることが楽しみになってきました。買う前の注意点と合わせてご紹介します。

快眠をサポートしてくれるグッズたち

リラックスできないとき、周囲の騒音で眠れないとき、飛行機のエンジン音で眠れないとき、サポートしてくれるグッズや装置・機械があります。自分の力だけではどうしようもないときは、そんなグッズたちの力を借りましょう。

ベストの状態で受験する睡眠コントロール

受験などの大事なイベントに合わせて、最高のパフォーマンスができるよう睡眠習慣を変える方法です。少なくとも2週間、できれば、4週間以上前から取り組むと脳をベストコンディションに持っていけます。

本の紹介

不眠を解消するためにこれまで読んできた本の紹介。

目的別インデックス

目的別にまとめた索引です。

リンクサイト

新生活ビルダー 新社会人、出遅れ社会人、やり直し社会人のための新生活習慣構築サイト


スポンサーリンク