眠っている間に、ココロもカラダもリフレッシュさせる。そんな習慣を作るためのヒントです。気持ちの上でリフレッシュできると、朝スッキリとめざめることができます。
直ぐに効果がでるわけではありませんが、眠りの習慣に組み込むことができるようになると、あなたの朝の始まりが快適になっていきます。

スポンサーリンク



明日の眠りのための入眠儀式

眠りにつくまでの時間を明日のためにリフレッシュする時間に変えましょう。

レイ・クロックの入眠儀式

「まず、頭の中に黒板をイメージする。
緊急のメッセージで埋め尽くされているが、黒板消しを持った手が、それを端から消してきれいにしていく。頭の中をこれで空っぽにした。途中で雑念が生まれたら、大きくなる前に消し去った。

次に、身体をリラックスさせた。首の後ろから下がっていき、背中、肩、腕、足、そして指先まで。終わる頃には深い眠りについていた。」
(『成功はゴミ箱の中に』:101頁)

レイ・クロックは、あのマクドナルドの創業者です。

4時間睡眠でも
彼もなかなか寝付けない人でしたが、このイメージトレーニングができてからは、すっと眠りにつけるようになり、4時間ぐらいしか睡眠時間がとれないときでも、なんなく仕事ができたそうです。

この本は、マクドナルドの創業者の自伝として有名な本で、ビジネスマン必読の書としてユニクロの創業者・柳井さんなどもお勧めしている本です。

ビジネスだけでなく、サクセスストーリーの自伝としても面白く読める本です。

成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝
成功はゴミ箱の中に 億万長者のノート(新版)

 

「今日もスッと眠りに入る。」

ベッドで横になって目を閉じ、ゆっくりと「今日もス~ッと眠りに入る」と自分に言い聞かせます。(声に出していう必要はありません。)

「 」の中の言葉は、自分に一番なじみやすい言葉に変えてください。
ポイントはゆっくり唱えることです。
何度もいう必要はありません。
即効性のあるものではありませんので、5,6回言って飽きたら止めましょう。

ポイントは、毎晩、同じ言葉を繰り返し、この言葉を唱えるとすぐに眠ってしまう習慣にすることです。

メディカルマシーン

ドラゴンボールに出でくる回復マシーンです。

ナメック星に来たフリーザの母船に積んであった機械で、ダメージを受けた悟空がカプセルの中に入って、呼吸マスクをつけると、カプセルが透明な溶液で満たされ、ドンドン回復していく、あの機械です。

あれに自分が入っていることをイメージし、寝ている間に、カラダの疲れが取れ、悪いところが良くなっていく。そんなイメージを描きながら眠りにつく。

光のシャワー

目を閉じ、天井あたりに光り輝く球体をイメージします。
その球体からふりそそぐ光が、あなたの全身 ― 顔、アゴ、肩、腰、足の先まで、全身ににそそがれ、全身の緊張がとかれていきます。

降り注ぐ光があなたのカラダの病んだ部分を消し去っていきます。柔らかい光のシャワーを浴びながら、この上ないゆったりとした気持ちに浸りながら、眠りにつく。

幸せな明日に向かって歩き出す

人は無意識のうちに、普段から考えている方向に自分を持っていこうします。彼氏・彼女と別れること、破局することばかりを心配していると、知らず知らずにと別れにつながるような行動や言動をとるようになります。

イメージしている内容が良いか悪いかではありません。繰り返しイメージしていることは、無意識のうちにそれに向かって自分を押し進めます。もし、自分のすてきな未来を毎日イメージしていると、日々の行動はそれに向かって動き出し、日々すてきな未来の実現に近づいていきます。
幸せになるのは偶然ではありません。幸せのイメージが具体的になればなるほど、幸せが現実となっていきます。

毎日眠りに入るまでの時間に、なりたい状態、実現したいことを具体的にイメージし、そうなるんだと決めつけてください。そのイメージが鮮明になればなるほど、毎晩眠るたびに幸せが実現していきます。

よかったノートを作る

これまでの思い出で、楽しかったこと、うれしかったこと、達成感をえられたこと、誰かに感謝されたこと、それらを思い出す限り具体的にノートに書きだしておきます。

一度には思い出せないかもしれませんが、いつも気に留めて置き、思い出したらノートに書きためておきます。

小さなことでも

そんなに特別なことでなくてもかまいません。自分の中でうれしい、楽しい記憶であればなんでもOKです。
※紙のノートではなく、スマホのメモ帳とかでもかまいません。

なかなか思い出せないようなら、安心感を得られたこと、ほっとしたことなどでもかまいません。

不安な気持ちがぬぐえないときや気持ちの整理がつかなくて、なかなか眠りにつけないときはこのノートを開いて、幸せな気持ちを思い出しましょう。
(戻る)眠るコツ
知っておくと役に立つ睡眠のテクニック

スポンサーリンク